サプリメント

D3プラス葉酸グミ 妊活・妊娠中・産後の方にも ビタミンD不足と○○リスクとは

D3プラス葉酸グミ

D3プラス葉酸グミは、特に女性に必要な成分ビタミンDが摂れるグミです。

妊活中の方や妊娠中、また産後のママにとってとても大切な成分が配合されています。

ビタミンDが不足することでどんな弊害が生じるかというと、感染症の発症リスクが高くなるんですね。

特に妊婦さんのビタミンDが不足すると妊娠合併症や早産、喘息などのリスクも高くなってしまう恐れがあります。

授乳期のママに不足すると乳児の「くる病」「O脚」など、骨の発育に影響が出ることもあります。

最近のアメリカでの研究では、ビタミンDが豊富な食品は大腸がんのリスクを抑制する可能性があると報告されています。

日本人9,000人の血中ビタミンDを調べたところ、十分なビタミンDを維持していない人がなんと90%もいたという調査結果もあります。(※公式サイトより)

食事な毎日の生活にビタミンDをサプリメントとして補うことは必要かもしれませんね。

D3プラス葉酸グミの公式サイトを今すぐご覧になりたい方は下のリンクからどうぞ。
↓↓↓
【D3プラス葉酸グミ】グミで美味しく栄養を補完

ビタミンDと葉酸

近年、女性や乳幼児のビタミンDが不足していることが注目されています。

ビタミンDは太陽(紫外線)を浴びることで身体で合成できる栄養素なのですが、女性はUVケア(紫外線予防)をすることが多いので日光から合成されるビタミンDが不足しがちです。

また、ビタミンDは食品ではキノコ類や鮭・いわしなどの魚類に多く含まれているので、「魚離れ」と言われる若い世代ほどビタミンDの不足傾向にあるんです。

さらに最近の自粛生活で、外出をしなくなる人も増えています。

日光に当たることや魚を食べること、少し前は当たり前とも思えることが環境や習慣によって変化しているんですね。

D3プラス葉酸グミの「葉酸」についても説明しますね。

葉酸はビタミンB群の一種で細胞の生産や再生をたすける働きがあるので、特に胎児にとって大切なものと言えます。

葉酸は生の葉野菜やかんきつ類に多く含まれていますが、不足すると貧血、疲労、息切れなどの症状が出ることがあり、重度になると下痢や味覚の低下、認知症などの原因にもなります。

妊娠前から摂ることで、赤ちゃんの脳やせき髄の発達異常のリスクを減らすことができると言われています。

1日2粒のD3プラス葉酸グミ

1日に摂取するビタミンDの目安は、18歳~49歳の女性で8.5マイクログラムです。

D3プラス葉酸グミは1日に2粒を目安に摂っていただきたいのですが、2粒に含まれるビタミンDは10マイクログラム、葉酸は100マイクログラムです。

D3プラス葉酸グミを摂ることで妊活も安心できますね。

さらに妊娠中や産後にも。ママの健康と赤ちゃんの元気のためにもご活用してみてはいかがでしょうか。

D3プラス葉酸グミの購入方法は公式サイトの右上にある【購入方法】というところをクリックしてみてください。

公式サイトはこちらからどうぞ。
↓↓↓
【D3プラス葉酸グミ】グミで美味しく栄養を補完

-サプリメント
-, , ,

© 2022 綺麗をつくるステキ時間 Powered by AFFINGER5